切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

デュオ神戸に向けてミニレター色々「ケルト文字」

憲法記念日何はあれけふうららなり」(村翔)
今日5月3日は、日本国憲法が1946年11月3日に公布され、半年の準備期間を経て翌1947年5月3日から施行されたのを記念して「憲法記念日」となり、公布日の11月3日は、日本国憲法が平和と文化を重視していることから「文化の日」になりました。改めて、今日ぐらいは前文なりと読まねばと以下余計なことながら引用致します。
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 

 

いよいよ、デュオ神戸出展も近づいて来ました。ミニレターが人気でしたので追加です。先日銀座の伊東屋に行った時に見つけたケルト文字のガラス製置物が素敵でしたので、その図柄から取ってみました。

f:id:masasarah:20170503095030j:plain

Article 9. Aspirant sincèrement à une paix internationale fondée sur la justice et l'ordre, le peuple japonais renonce à jamais à la guerre en tant que droit souverain de la nation, ou à la menace, ou à l'usage de la force comme moyen de règlement des conflits internationaux.

Pour atteindre le but fixé au paragraphe précédent, il ne sera jamais maintenu de forces terrestres, navales et aériennes, ou autre potentiel de guerre. Le droit de belligérance de l'État ne sera pas reconnu. »