切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

重ね切り絵ー庭園美術館図案

「日は天に葵祭ははたやかに」(京極杞陽)

5月15日と言えば、葵祭であり、沖縄返還日。復帰45年。私は沖縄に出向いたことがなく、あの轟音を聞いたことがありません。先日「怒」という映画を見に行きましたが、基地から飛び立つ音は尋常ではないのだと映画ながらに再認識する始末です。国土面積の0.6%でいしかない沖縄に、米軍専用施設の7割が未だに集中しているのですね。

賀茂祭馬糞を掃きて終わりけり」(木下雪洸)

葵祭には結構雨が気になるものですが、今年は青緑薫祭り日和となりました。雨に叩かれることもなく良かったですね。彼の地では今日もデモ行進があるのでしょうが終わった後の幟は雨に濡れることもないのでしょうが、狂騒の後は何とも螳螂の斧が過ります。

 

透明の額を利用して、二枚の図柄を重ねるのを試しています。生かすも殺すも絵柄の組み合わせでしょうか。光線が透けると面白い陰影が楽しめる柄です。庭園美術館の図案を取り込みました。先日のデュオ神戸は、光線がよく入り、一人のお客様に目に留まり、買って頂きました。良さをご理解頂き、ありがとうございます。

f:id:masasarah:20170515122918j:plain

Le festival Aoi (葵祭, Aoi matsuri?) est un des trois importants festivals de Kyōto et se déroule le 15 mai.

Ce festival est également connu comme le Festival Kamo, il a lieu aux sanctuaires Kamigamo et Shimogamo (voir Kamo-jinja). L'origine du festival remonte à la période de l'empereur Kimmei (il y a approximativement 1 400 ans). Les récoltes ne donnaient pas satisfaction, et cela fut vécu comme une malédiction de l'esprit Kamo. Un cheval fut équipé pour courir avec des cloches, et les moissons purent être abondantes.

Cette tradition se perpétue encore aujourd'hui. Le nom du festival d'Aoi provient de la tradition d'offrir des roses trémières1 (aoi) aux dieux/esprits, et à décorer les temples, les participants et les chariots de bœuf avec des feuilles de roses trémières.