切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

重ね切り絵ー花尽くし

「はたらいてもゆう昼が来て薄暑かな」(能村登四郎)

今朝のラジオでは気温が29度まで上がるとか言っていましたが、外気温はどれくらいになっているのでしょうね。そろそろ庭仕事をする時には長袖長ズボンの重装備でしないといけないなあっと思いつつ、着の身着のまま芽だしを眺めていると時間の過ぎるのも忘れ長居するようで、用事が全て午後からに尾を引く事となってしまいますが、最悪なのは顔のシミ増やしでしょうね。

「ジーンズに腰骨入るる薄暑かな」

物干しざおに吊るされたジーンズがパリッと乾く季節ですね。その少し縮まったジーンズを履くと、ゆっさゆっさと腰を揺らすのでしょうか。ジーンズも裾が広がったり、ブカブカになったりが主流だったこともあるのでしょうが、スキンタイプも廃れたのでしょうか?野球のユニフォームも、甲子園児の姿を見ていると様変わりしていますね。昔は軍足みたいでしたが、今は裾が広がっているのもあるのですね。まだ、汗ばむのも心地よい季節。大事に出来ることをしなければと。

 

これまでの作品のファイルを整理していましたら、切っては放置していた作品が多々出て来ました。それを組み合わせて額に収めました。インスタグラムでは「いいね」が40以上もつきました。びっくりぽん!ありがとうございます。

f:id:masasarah:20170519130347j:plain

“Louange de sot, nuage de mai.”