切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

相撲土産ー取り組みと番付

f:id:masasarah:20170528102059j:plain

「遠き日の母の一言茄子の花」(大久保寛子)

一株78円で買った茄子の苗に三つ花が付き一つ目には小指の先ぐらいの実が見えだしました。「千に一つの仇はなし」の茄子の花と親の言葉ですが、さてちゃんとなるでしょうかしら。

「何事もらしくありたし茄子の花」(渋谷ひろ子)

ですが...

「一つ身に仏と鬼と花茄子」(柴田由乃

プランターに買って来た園芸用の土を肥料と混ぜて次なる野菜の苗用にスタンバイさせていましたら、フカフカして気持ちよかったのでしょうか、猫様の御不浄になっていました。そこに、五月ですね。ギラギラ光り輝く蠅がブンブン。誰が字をあてがったのか五月は格別にうるさいのでしょうかしらね。「五月蠅い」とは。仏心には中々なりませんが、花の色に癒されましょうか。

 

相撲の取組の空いた空間の部分に歴代力士の番付表から文字を切取り貼ってみましたが、取り組みの迫力がなくなり、平凡な構図になってしまいました。

f:id:masasarah:20170528105501j:plain

 

Du ciel à la mer, ce n’était qu’une infinie variété de bleus. Pour le touriste, celui qui vient du Nord, de l’Est ou de l’Ouest, le bleu est toujours bleu. Ce n’est qu’après, pour eu qu’on prenne la peine de regarder le ciel, la mer, de caresser des yeux le paysage, que l’on découvre les bleus gris, les bleus noir, et les bleus outre-mer, les bleus poivre, les bleus lavande. Ou les bleus aubergine des soirs d’orage. Les bleus vert de houle. Les bleus cuivre de coucher de soleil, la veille de mistral. Ou ce bleu si pâle qu’il en devient blanc.