切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

団扇の試み-紺地完成糸瓜

「抜かれパンジー甦り梅雨入りかな」(斉藤裕子)

昨日は、雨の予告を聞き朝早くに青じそ、トマト、西瓜、唐辛子などなどを間引き、捨てきれずに移植しておきましたら、一日中の雨で甦っています。冬場鍋物の彩に活躍した菊菜の花盛りをプランターから抜き取り空いた地面の放り出しておいたのも、茎を反りかえらして懲りずに花が咲いています。

「万霊の天より圧す梅雨入りかな」(目迫秩父

これほどの覚悟があったのでしょうか。46年の逃亡生活の末の無言の姿に年月を感じずにはおられませんが、もの知らずの私の疑問が漸く判明しました。最近夜中に放映されています「十津川警部」シリーズなどなど切り絵の傍ら刑事ものばかり聞いていますので、時効という事が頭をもたげ続けていました。先日のドラマは15年を過ぎ時効が成立しなどと言っていましたもので、はて46年も以前の殺人事件がなぜ有効なのかと。物知り主人曰く、「時効はなくなったんやで」と一蹴。少し調べましたら2010年に廃止されていたのですね。お恥ずかしい限り。何だか、捨てられた干上がったような草木も雨梅雨で生き返らせる姿が重なります。暗雲の空色が、世を去った万霊が追い被さるように澄み済みに燻る罪を見逃さないのでしょうか。また、その雨一雫毎が植物には滋養となるわけですから、亡き方々の思いを受け取る時でもあるのかもしれません。

 

f:id:masasarah:20170608114140j:plain

和紙を用いて色味も良い出来だったのですが、肝心の団扇の役割に問題が出来ました。耐久性に欠けるのです。素材の再検討が必要となりました。

La prescription de l'action publique en matière pénale n'existe pas dans tous les systèmes juridiques, notamment aux États-Unis où les crimes de sang sont imprescriptibles.

En droit civil français le délai de prescription court  à partir du jour « où le titulaire d’un droit a connu ou aurait dû connaître les faits lui permettant de l’exercer » (article 2224 du Code Civil). L’article 2232, alinéa 1er du Code Civil a néanmoins prévu un délai butoir maximum de vingt (20) ans en toutes hypothèses « le report du point de départ, la suspension ou l’interruption de la prescription ne peut avoir pour effet de porter le délai de prescription extinctive au-delà de vingt ans à compter du jour de la naissance du droit ». Concernant le point de départ, l’article 1304 du Code Civil prévoit qu’en cas de violence, le délai commence à partir du jour où la violence a cessé ; en cas de dol ou d’erreur, le délai (qui est de cinq ans) commence à partir du jour où le vice a été découvert.