切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

団扇の試み第二弾ー白蓮

「乱れ咲く百合となりたる雨上がり」(梅谷昌弘)

f:id:masasarah:20170609101925j:plain

毎年、ここの御家の百合は人々の足を留めます。いつでしたか姑が余りに見とれているので家の方が車椅子に乗った姑ごと写真を撮って下さった事があります。それを飾っていた所為でしょうか、今でもそこに姑が佇んでいるように見えるのもおかしな話ですが、写真というのはどこかまるで体験記憶のように脳の中ではぐくまれるようです。

「百合の蕊(しべ)皆りんりんとふるひけり」(川崎茅舎)

うちの百合は年々放置しているだけの所為が花数が減り一株に花は一つそれも二株太と、激減です。昨日、BSで放映されていた「完全版明治神宮不思議の森」の再放送を見たのですが、100年前、明治天皇崩御に当たり、作られたこの神宮は天才たちによる造られた太古の杜。当初の献木の数もですが、植樹に集まって来た職人の数もすごいですが、緻密な計画がなされていたのですね。大阪と違い東京には樹々が多いなあっと赴く度に実感するのですが、この渋谷原宿などという騒々しい中にありながら、外来種の紛れ込んで来ないぐらいに護られた人工の鎮守の杜とは、改めて日本人の知恵袋に脱帽します。西洋のシンメトリーの正に「人間が作りました」を誇示したような庭園と違い、あくまで手付かずの自然のように見せているところが凄いですね。それには、放置では出来ず、枯葉をかき集めては元に戻す作業まど細目に見守る人の力なのですね。また、是非御苑の中を散策したいものです。

f:id:masasarah:20170609105731j:plain

前回は和紙で切ったので耐久性に欠けるので今回はマーメイドやケント紙厚紙を使って作る事にしました。厚いので二枚以上は切れず、ナイフも引き抜くのに力がはいるのか、刃の留め具がすぐに効かなくなり、カッターも使い捨てとなります。

Meiji-jingu: En 1915, une commission choisit un terrain appartenant à la Maison impériale et situé à Yoyogi, un quartier de Tokyo, comme emplacement pour la construction d'un sanctuaire dédié aux âmes divines de l'Empereur Meiji, mort en 1912, et de sa femme l'Impératrice Shōken, morte en 1914, bien que les deux époux reposent à Kyoto1,2. Le sanctuaire a été construit avec un musée de 1912 à 1920 au milieu d'un jardin dessiné par l'Empereur et composé de 100 000 arbres donnés de tout le Japon lors de la construction2,3. Le lieu accueille les Jeux du sanctuaire Meiji de 1924 à 1942, le principal événement sportif du Japon d'avant-guerre. Le temple a été détruit par les bombardements de 1945 et reconstruit en 1958, principalement en bois de cèdre4. En 1973 a été construit le shiseikan (至誠館?), salle d'entrainement aux arts martiaux (dojo)5. De 1990 à 1993, un nouveau bâtiment a été construit : le kaguraden (神楽殿?), une salle de danse traditionnelle kagura pour fêter les 70 ans du sanctuaire6. Une annexe au musée a été construite récemment à l'est du site.