切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

団扇の試み-第三弾夏色杜若

小判草ゆっくり揺れ迅(はや)く揺れ」(清崎敏郎)

f:id:masasarah:20170620135845j:plain

先日通った時は、まだ真みどりでしたのに、すっかり金貨になっていました。

小判草ふってみてそれだけのこと」(正木ゆうこ)

どうしても、すうっと抜き取って耳元でシャラシャラ言う音を聞かないとおれなくなりますが、それで何がどうなるわけもなく、ましてや小判が舞ってくるわけもないのですが、ただ、この音をきかないと気が済まぬものですね。

小判草風に喜ぶことをする」(原田青児

最近、とぼとぼ歩いていると昔のことが頭を過るのですが、それがどういう訳か愚かな自分の失態ばかりです。そうして思うのが「よくもまあ、こんな厚顔無恥、無配慮この上ないことをやり続けておいておきながらも、平気に清ました顔して生きているなあ」っと。劇風をまき散らしたはずですが、その中で正に小判草の揺れる姿と音の響きのようにクスッと笑ったり、心躍りした事に助けられていたのでしょうね。少しでも、これからはそんな画像を備蓄していけたらなあっと。いつかやって来る痛み脱却方法の予習です。皆さんも、落語や漫才の番組表も大事ですが、脳の記憶画像はどこでも取り出し可能ですよ?

 

f:id:masasarah:20170620141749j:plain

涼し気ではありますが、周囲の和紙が薄く、糊付けで強度を増す為に真ん中に透明のセロファンを入れてみましたが...また、やり直しです。

Jeter des perles aux pourceaux. f*_*;;;