切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

ミー尽くしのリクエスト:ミーぐるり

「搬出の絵の横歩きパリー祭」(長井順子)

「長きパン抱へて帰るパリ祭」(遠藤逍遥子)

「黒猫が尾を立て過ぐる巴里祭」(荒井千佐代)

こんなパリ風景もいつの時代のことでしょうかしら。今日は「le 14 juillet カトルズジュイエ(革命記念日)」

「ジャンギャバン知る人も減りパリ祭」(岩崎照子)

アランドロンも引退されるとかで、さて今の人気男優と言えば誰なのでしょう。今日はトランプ氏も列席されるとか、最近はTV5の式典映像も見なくなりました。

「若き日の父にもありし巴里祭」(景山筍吉)

巴里祭納戸に古きバスケット」(鈴木黎子)

昨晩、どうした訳か肺がんで母よりもさっさと逝ってしまったはずの父が盲人となって杖を付いて病院からも放り出されて一人トボトボうちの家に辿り着く姿が夢枕に現れました。癌が判明する迄は、母より長生きして認知症になって家族に迷惑をかける姿ばかりを予習していた父でしたが、悲劇の予習は完璧となり、抗がん剤治療も手術も一切せずに、まだそれほど浸透してもいなかった先駆けのような緩和病棟を選択して、あっさりと身内の誰をも拘束せず、一人で逝ってしまいました。そんな父なのに、どうして今更まるで荒野をさまようリア王のようになって私の夢枕に出て来たのでしょうね。

「パリ祭の裏側にある血の匂ひ」(岩月優美子)

昨日二人の死刑囚が執行されました。一人は、34歳一人の女性を殺害した罪。もう一人は61歳。女性4人を殺害した罪。被害者の数が罪の重さに直結する訳ではないのでしょうが、34歳で死刑となり、罪の重みを果たす事なく死で済まされてしまうのかと思うと、何だか「あっさり」という語が心に引っ掛かりを残します。どうあれ、お二人のご冥福をお祈りつつ、消されぬ罪を償い続け下さいませ。

 

ムーミンのミー好きの方からの依頼が数件あり、ミー尽くしを作成しています。沢山のミーが、あの小さい粒々のボタンを円になって掛けやっているのでしょうか。可愛い画像だったので選んで切ってみました。

f:id:masasarah:20170714113408j:plain

Le « 14 Juillet »1 est la fête nationale de la République française. C'est un jour férié en France.

Elle a été instituée par la loi en 1880, pour commémorer deux évènements, la prise de la Bastille le , symbole de la fin de la monarchie absolue, de la société d'ordres et des privilèges, et la Fête de la Fédération du , célébrant la Nation et la Constitution de 17892,3.