切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

アニメキャラを額に入れてーおそ松さん花火大会

「炎天に脳細胞が融けてゆく」(二瓶洋子)

山の日から数えれば今日はもう四日目。早いものでもう昨夜からUターンラッシュだそうです。実家に戻っても三日も居ればお互いへとへと。台風一過、ジジババは湿布を貼りグーグー。大変なのはパパでしょうか。何とか出社までには体力気力充電させたいところでしょうが...

「炎天よりどたりと手足投げる猫」(能勢京子)

昨夜の「ダーウインが来た」では、キリンの就寝の姿が描かれていましたが、音に敏感なキリンは爆睡どころか熟睡はしないのだそうです。重いからだを時間を掛けて長い脚を折り曲げていく姿は何ともいじらしいいものでした。

「炎天をキリンの素直さ持ち歩く」(能域檀)

港に並ぶ通称キリンと呼ばれる「ガントリークレーン」ですが、この積み下ろし技術の達人の記事を少し前に読んだのですが、通常海外では平均一時間に20個から30個のコンテナんの積み下ろしをするのだそうですが、日本の達人にかかれば、最大50個のコンテナを積み下ろすのだそうです。高さ120メートルもあるあのキリンの首を軽やかに緻密に上げ下ろしする技。日本の熟練された正確かつ緻密な技は本当に天晴脱帽ですね。暑い中ご苦労様です。くれぐれも熱中症にはお気をつけ下さいませ。

 

こちらは、最近手がしびれるようになり、かかりつけ医に相談しましたら、「手根管症候群」とやらで、少々ピッチが落ちています。この作品は、切ってファイルしていたのを花火の部分だけセロファンで色付けして額に入れなおしてみました。

 

f:id:masasarah:20170814131907j:plain

Si vous tenez à être l'ami d'une girafe, ne dites surtout pas de mal de son cou. C'est son bien le plus précieux. Roald Dahl