切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

オーダーに応えてーようこそムーミン一家

「生身魂(いきみたま)七十と申し達者也」(正岡子規

今で言えば90歳ぐらいになるのでしょうか。この生身魂という言葉はご存知でしょうか?盆が過ぎましたが、改めて紹介しましょう。

>盆は故人の霊を供養するだけでなく、生きている年長者に礼をつくす日でもありました。いわば「敬老の日」の昔版。「この世に父母もたる人は、生身玉(いきみたま)とて祝ひはべり。また、さなくても、蓮の飯・刺鯖など相贈るわざ、よのつねのことなり」(『増山の弁』寛文三年)とある。このようにして祝う対象になる長寿の人、ないしは祝いの行事そのものを指して「生身魂」と言ったのだそうですが、いつの間にか、この風習が「よのつねのこと」でなくなったのは何故でしょうね。

「恙(つつが)なく妻と二人の生身魂」(橋本正勝)

今日は、うちの寺の先住職様の葬儀に出向いて来ました。坊守様の7回忌を収められたのが4月ですから、その後一つの区切りを終えられた安堵感に病魔が襲ったのでしょうか。漸く、彼の地で仲睦まじく過ごされることでしょう。ご冥福をお祈り致します。

「悔いのなき人生送り生身魂」(能口和子)

そうありたいものですね。まだまだ、...

 

f:id:masasarah:20170818173306j:plain

店屋さんの表に飾りたいからとオーダーを受けて仕上げた作品ですが、果たして何のお店だったのでしょうか?背景に用いています絵柄は縦長でしたので、型染の型を二枚張り合わせて、カラースプレーを掛けて作りました。中央のつなぎ目をマスキングテープで固定したので、綺麗に仕上がりました。

Plus l'âme est loin des sens, plus elle est près des cieux.
Read more at http://www.proverbes-francais.fr/proverbes-ame/#9MOgjSHWPay5Spko.99