切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

テーブルセンターー大島ベージュ色

「野葡萄の瑠璃一粒空真青」(菊地恵子)

f:id:masasarah:20170919091724j:plain

昨日は少し早めになりますが、彼岸の墓参りに出向いて来ました。その途中で見かけた野葡萄。絵に映える植物です。この奥にあった空き家はついに朽ちてしまったのか跡形もなくなっていました。

「野葡萄に古代の玉の色見たり」(山村修

今日も秋晴れ、どこからともなく運動会の練習の太鼓や笛の音が聞こえてくるかと耳を澄ましても、静かな平日です。いつのころからか、運動会は春開催が多くなってしまったのでしょうか。毎年あの威勢のいい音が聞こえると慌てて虫干しをしたような気がします。別に、運動会開催時期の変化の所為でもないのですが、久しく着物が箪笥の中で眠り続けています。先日、着る予定が出来て吊るしてみましたら、裏地にひどいしみです。姑と昔は二日がかりで樟脳のにおいを充満させながら干したものでしたが,号令を掛けてくれる姑もゐなくなり、着物たちは息苦しくなり、箪笥の中で悲鳴をあげていたようです。思い切って私のお気に入りの大島を解いて型染めにすることにしました。

 

クリーム色で縞模様が入っているのですが、シミ隠しに濃いめに染めてみました。染めるために、どんなに焚こうが、洗おうが光沢は消えないですね。大島はやっぱりいいですね。

f:id:masasarah:20170919094702j:plain

Écoute. Parfois, la vie exige un changement. Une transition. Comme les saisons. On a eu un printemps merveilleux, mais l'été est fini et nous avons manqué l'automne. Tout d'un coup, il fait froid, si froid que tout se met à [...]