切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

アニメからーおげんさんといっしょ

「日は過る梢の柿と見あひつつ」(夏目成美)

f:id:masasarah:20171018172819j:plain

 

通り道のお宅の柿が日に日に赤くなります。

「柿たわわ誰も褒めてはくれもせず」(山田六甲)

私は通る度に「えらいぞ」と褒めてますよ。

「取尽す梢に柿の入日かな」(望月床屋)

幼き頃、庭には何本柿の木があったのか。竹竿で母がとことん取りつくした吊るし柿にしようと、夜なべしては剥いていましたが、今は鳥様達の馳走になっているのでしょうか。今はスーパーに並んだ柿を食するだけとなってしまい、本当のもぎたての柿の味は薄れていきます。人工甘味料に毒されているのでしょうか。出来合いの御惣菜にはご飯にも砂糖がはいっているのだとか。人間の味覚は鈍り続けるのでしょうね。そうして、儲かるのは、ダイエットを謳うメーカーばかりとは...

 

漸くやりたかった「おげんさんといっしょ」画像をコラボして切絵を作ってみました。まだまだ、似顔絵は修行中です。

f:id:masasarah:20171018174051j:plain

Le Plaqueminier du Japon (Diospyros kakiThunb., 1780) est un arbre de la famille des Ébénacées, genre Diospyros, originaire de Chine, principalement cultivée pour son fruit, le kaki. Il est parfois appelé Figuier caque et plus rarement Plaqueminier kaki.