切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

南桂子からー高い二本の木

「植ゑてくれし友の思ひ出杜鵑草」

f:id:masasarah:20171025142428j:plain

9月の季語ですが、ふと散歩していて見つけた時鳥草。油点草、杜鵑草とも書くのだそうですが、斑点が時鳥の胸毛の模様ににていることから呼ばれるようになったのだそうです。その鉢植えを見て漸く思い出したのです。私はつれなくも知人から頂いたはずの苗をどこかにやってしまったようです。ついぞ見かけなくなっているのに、この鉢を見て気づいた次第。失念。

「滅入ることなく時鳥草咲いてゐる」(飯島晴子)

それもそのはずとは、言えば花に失礼なのでしょうが、この花は地味で、どこか気持ちが塞がりそうになるのは私だけでしょうか。また、庭のどこかで根を張っていることをでも心秘かに思っている、しぶとい私です。

「朝よりも昼の暗さの時鳥草」(後藤比奈夫)

今朝の新聞の見出しに目を疑ってしまいましたが、読み間違いではなかったようです。「0歳の二割毎日スマホ」正に言葉の通り、生まれたばかりの赤ちゃんがスマホの画像で日々あやされているのだそうです。余り偉そうにも言えず。私も忙しいとテレビの前に座らせていましたから、文明の利器には勝てません。それをどう扱うかが親の手腕なのでしょうか。それにしても、一体どんな風に若者像というのは進化していくのでしょうね。時鳥草に目をむけてくれる逸材(?)は育つでしょうか?

「殉教の土の暗さに時鳥草」(後藤比奈夫)

殉教の長い道の末でもないですが、DeNA日本シリーズ進出おめでとう。決して優勝ではないのですから、14.5勝の差を押して広島に勝ってしまった身、ここはソフトバンクを何とかしぶとくコテンパンにやられませぬように踏ん張って下さいね。時鳥草のように輝いて下さい。

 

f:id:masasarah:20171025145532j:plain

二本の木の斜線を入れるのには結構神経を使いました。こういう細かい作業をいかに丁寧にするか、そこにもう少しこだわっていかないといけないとは思っているのですが,,,

Tricyrtis est un genre de plantes de la famille des Liliacées, originaires d'Asie (Chine, Japon).

Il s'agit de plantes herbacées pérennes.

Leur fleur est composée de six sépales : trois extérieurs avec sept nervures, trois intérieurs avec cinq nervures.

Elle porte six étamines. Son pistil, triloculaire, tubulaire, est profondément divisé à sa moitié supérieure où chaque partie est perpendiculaire à l'axe du pistil sur une importante longueur (du tiers à la moitié de la longueur total du pistil) et avec l'extrémité recourbée. Les graines, nombreuses par locule, sont de petite taille et aplaties.

Le nombre de base de chromosomes est de 13 : 2 × n = 26.