切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

線画に魅かれてーミュシャ「ビザンチン風頭部 ̄ブルネット」額入り

「我が味の石榴に這はす虱かな」(一茶)

毎年ここの庭には石榴がたわわになるのを拝まして貰えるのですが、今年は実の入りが悪いのか、季語は秋でしたが、写メを撮り損なっていましたら、季節は冬になっています。

f:id:masasarah:20171109134513j:plain

まだ、爆ぜていません。この実の爆ぜた姿を思わず描かざるを得ない句です。塚本晋也監督の「野火」の映像が過ります。石榴と言えば、人肉の味に似ているのだと昔は言われたのだそうですが、ここ数日日本中を震撼させた座間市の遺体事件の臭気が漂って来そうで失礼しました。

「石榴割れる村お嬢さんもう引き返そう」(星野紗一)

こんな声かけが広がっていたらっと思わざるにを得ない惨い事件です。現在の行方不明者の数に、孤独の中でSNSを通じて「死にたい」という形でしか救済を求められない青少年の数の多さ。家族の在り方、教育現場の実態などなど、これを機会に軌道修正に大いなる力が働くことを願うばかりです。

 

f:id:masasarah:20171109140155j:plain

このミュシャの絵の円の中で霞んでよく把握出来ない絵柄が苦手です。今回は黒紙では切り残さず、色付けだけで模様が浮き上がらせようかと思いましたが、繊細さに欠けました。

Le grenadier une espèce originaire d'Asie occidentale (TurquieIranIrakAzerbaïdjanAfghanistanPakistanArménie), et probablement la péninsule Arabique, ainsi que le nord de l'Afrique.

Elle est cultivée dans tous les continents dans des zones tempérées chaudes : bassin méditerranéen, Proche-OrientChine, Sud des États-UnisChiliArgentine.

Le nom de la ville de Grenade en Espagne est associé au grenadier par une étymologie populaire, et à ce titre son fruit figure sur les armes parlantes du royaume et de la province.

En Arménie, ce « fruit du paradis » (nour) est un symbole national4. Depuis toujours, la grenade y est symbole de jeunesse éternelle, de fécondité, de beauté et d'amour. On dit que le fruit contient 365 grains soit un pour chaque jour de l'année.