切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

そろそろ年賀状①

「書架整理終へて天皇誕生日」(川口洋)

もうあと残すところ今年も一週間。旅行で遅れてしまっていたシュトレンを漸く焼きギリギリクリスマスカード添えて知人に送りました。平成天皇も即位されたのが、それなりのお年でしたが、早いもので30年になるのですね。2019年が退位と定まり、惜しまれて、今年の誕生日一般参賀は人気上昇、新年など節目の一般参賀ツアーがブームになっているのだそうです。さて、上野のシャンシャン人気とは訳は違うのでしょうが、気になるのは次の祝日となる皇太子さまの誕生日。いつでしたかしら?警護の方の人数も増やされ、いよいよ平成も幕を閉じるのですね。

「ねんごろに古きもの焼き年惜しむ」(森絢子)

去年はかなり身辺整理をしてスッキリさせたはずなのですが、切絵道具に材料は増えるばかりです。材料もですが、画題を整理したいのですが、作品作りに追われるばかりです。潔くものを捨てるということが苦手です。綺麗にラッピングされた贈答品を頂くと、丁寧に包装紙のセロファンテープを紙を破らないように息を吹きかけて湿らせながら剥がし、包装紙は丸めて収納庫の隅に丸めて立て掛け、、箱やクッション材も捨てずにそれぞれの袋に仕舞い、可愛いリボンも皺にならないように丁寧に丸めて紐の入った箱に仕舞います。もちろんクッキーやパンの括ってあるワイヤーもそれぞれの箱に。いつ使うが分からないのに、仕舞っています。それでも今日のようにシュトレンを知人に発送するのに、梱包する紙や箱には困りません。こんな事を主婦はみんなしているのでしょうかしらね?百均に行けばこういうジャンルの物は簡単に手に入りますが、捨てられない性分には困ったものです。

年賀状も簡単に印刷も出来るし買えますし、送らなくてもラインで「あけおめ」で済むのでしょうが、知人用だけになりますが30枚切絵を作って貼ります。

f:id:masasarah:20171223172557j:plain

 

Usez de votre patrimoine comme devant mourir, et, toutefois, conservez-le comme devant vivre toujours. La trop grande épargne et la trop grande dépense sont deux excès à fuir.