切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

パリで見つけた画題⑥クリスマス

Joyeux Noël!

「硝子戸に小さき手の跡クリスマス」(大倉恵子)

今朝の折々のことば

「サンタクロースがいなければ...人間のあじわうよろこびは、ただ目に見えるもの、手でさわるもの... だけになってしまうでしょう」(フランシス・P・チャーチ)

昔、「世の中で一番怖いものはなに?」と聞いたら、子供は「お化け」と。祖母は「強盗」だと。祖母によれば「そんな居もしないもんにアホな」子供によれば「だって泥棒さんは人間だもの、話せば分かり合えるよ」と。「実に面白い回答の差だなあ」っと思ったことがあります。その子供は窓辺に「ホットココアとクッキーを置いて置こうよ」っと言ったことがあります。「サンタさん、寒い中を運んでくるんだもの、可哀そうだよ」っと。そんなことをいつまで信じていたのかは、そんな言動に騙されて年々贈り物が奮発していく子煩悩の親も多いのは今も変わらないのでしょうか。

f:id:masasarah:20171224112310j:plainf:id:masasarah:20171224112347j:plain

 

f:id:masasarah:20171224112435j:plainf:id:masasarah:20171224112703j:plain

f:id:masasarah:20171224112606j:plainf:id:masasarah:20171224114141j:plain

今朝、LINEでセリーヌディオンヌのクリスマスソングのオーディオ画像が送られてきました。こんなことが出来るのですね、歌に合わせてロンドン、ニューヨーク、ダブリン、パリ、ミラノアムステルダム、街角のクリスマス市などの風景が流れます。重なる映像もありかなあっと、旅行で垣間見たクリスマスです。

皆さまにとって、リア充だけでない見えない物で充実できるイブでもありますように。

Les yeux sont aveugles, il faut chercher avec le cœur.
Antoine de Saint-Exupéry ; Le petit prince (1943)