切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

似顔絵ー身内Rieさん

「寒の雨粛々と降る震災忌」(黒川悦子)

1月17日、阪神大震災から23年。リュックを担いで、線路が断絶して何駅も歩いたのですから、今同じ事が出来るかと思えば、年月はそれなりに過ぎたのだと痛感しますがまだその時間から生活が留ったままの人もおられる、犠牲者の数は6千人を超えた重みを振り返る日です。

「震災を悼む未明の寒の雨」(安原葉)

例年催される三宮東遊園地での竹筒の蝋燭も、この雨ではどうされたのでしょうね。まさかそれだけの傘をさすわけにはいかなかったでしょうから。黙祷。

 

f:id:masasarah:20180117093211j:plain

 

“L'influence de la vanité sur une cervelle fragile engendre toutes sortes de désastres.”