切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

塗り絵から飛び出してーフクロウ

「二月はやはだかの木々に日をそそぐ」(長谷川素逝)

正月気分が中々抜けないなあっと、カレンダーには未だに予定表に新年会などと入っていたかと思いましたが、一枚めくられてしまいました。ただ、今日からまた雪が降るなどと予報が出ていて、まだまだ春は遠いですね。

「寡作なる人の二月の畑仕事」(能村登四郎)

いつまでも冬野菜が高値です。その所為でもないのでしょうが、去年結構鍋料理の助っ人になったプランター栽培の野菜が勢いがないです。水菜に春菊、ホウレンソウ。ベビーリーフまでが中々成長しません。パセリは何時まで経っても本葉が出ません。

「二月商戦眉目秀麗のピエロ得て」(ねじの正也)

「二八(にっぱち)」などという言葉通り、二月と八月は商売人の厄月でしたが、あの仮想通過というのはどういう代物なのでしょうね。億の桁数が私などの大根の値段しか見たことのない者には、恐ろしさを越してまるで月世界です。暗証番号一つで管理されているかと思えば、それを信頼出来る輩とはいかほどにリッチなのでしょうか、などと、白菜4分の1が158円もするぐらいで飛び上がっている主婦には、正に異次元の世界です。仮想とピエロ、さてどちらが現実を帯びた商戦になるのでしょうか?

f:id:masasarah:20180201163759j:plain

Christine Lagarde pour le FMI a considéré qu'avec des technologie des cryptomonnaies et des monnaies virtuelles pourraient être émises à parité avec le dollar ou rattachées à un panier stable de devises. Leur émission pourrait être totalement transparente et régie par une règle crédible et prédéterminée, un algorithme qui peut être surveillé3.

Elle a toutefois considéré que les monnaies virtuelles telles que le bitcoin ne menacent pas encore le régime existant de monnaies fiduciaires et de banques centrales, car elles sont en effet excessivement volatiles, risquées, et compliquées à utiliser, alors même qu'elles sont excessivement opaque pour les autorités de réglementation, et parfois piratées 3.