切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

塗り絵から飛び出してー二羽のしぎと花模様

「春菊洗へば水も香りを放つ」(鷹羽狩行)

f:id:masasarah:20180205165118j:plain

うちの春菊は収穫するのもかわいそうなほどで、中々厨房中を香りで埋めるにはまだまだです。

「春菊をゆでて脳まで草の原」(岩代立子)

一体いつになったら草の原を描けるでしょうね。そう思っていましたら、どうも関西の「菊菜」と関東の「春菊」は種類が違うのだそうですね。関東のスーパーで手に取って見た事はないのですが、「春菊」というのは、「株立型」と言われ株から枝わかれした葉のようです。それに対して「菊菜」は株張型と言われ、ホウレンソウや小松菜のように根元から葉が広がっています。

「春菊の香りをもてあます夕支度」(北川みよこ)

春菊ならではの香りなのかもしれません。菊菜は鍋に入れてもさっーと「しゃぶしゃぶ」にしないと、くたくたになり歯ごたえがなくなってしまいます。一度東京に行ったら今度もしげしげと見てみようと思います。

f:id:masasarah:20180205165933j:plain

もともと、塗り絵にあった花模様の絵柄の鳥の部分だけを繰り抜き、黒で切り取った鳥と重ねてみました。少し被った箇所が気になります。裏に薄紫の和紙を入れたのもスッキリさせないでしょうか。好みですが...

Le Chrysanthème couronnéChrysanthème des jardins, Chrysanthème Comestible ou Chrysanthème à couronnes (Glebionis coronaria) est une plante annuelle, d'origine méditerranéenne, comestible, très utilisée en Asie. Il appartient à la famille des Asteraceae et au genre Glebionis, proche du genre Chrysanthemum.

Les feuilles sont consommées en Asie en particulier dans la cuisine de Hong Kong et du Japon. Connu en chinois sous le nom de tonghao (茼蒿), en coréen de ssukgat (쑥갓) et en japonais de shungiku (春菊?). En Chine, les jeunes feuilles sont souvent rajoutées à la soupe en fin de cuisson.

À Suzhou, les jeunes feuilles sont moulinées et servent à produire un jeu de coloration servant à donner leur couleur verte aux boulettes de riz glutineux au jus de chrysanthème (苏式青团子 sūshì qīngtuánzi).