切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

塗り絵とイスラム模様①

「七人の敵の一人は花粉症」(伊藤白湖)

平昌オリンピックも早いもので、終盤に近づいて来てしまいました。今朝の「天声人語」でも取り上げてられましたが、表彰式での三人の握手やハグの様子は何とも穏やかな光景ですが、その背後には魑魅魍魎が潜んでいないのでしょうかっと、想像を張り巡らせるのは愚かな凡人なのでしょうね。それでも、以前どこかで読んで記事には、アスリートは開いた瓶の飲み物は決して飲まないのだとか。ドーピングで貶められる事のないようにとの危機管理なのだとか。今朝の記事から、このライバルという言葉の語源がラテン語の川から来ているのを、初めて知りました。

語源ラテン語で「小川」を意味するrivus派生語であるrivalis

これが「同じ水源水利権)を巡って争う人々」から「一つしかない物を求めて争う人々」の意味へと発展し、フランス語を経由して英語になった。なお、英語のライバルは「常に対立し合っている宿敵」という意味で、好敵手という意味合いは無い。

確かに、花粉はライバルには絶対ならないですね。あくまでも、憎き病なのでしょうね。

「美しき名と病みてをり花粉症」(井上禄子)

もうすでに、闘いは始まっているのだそうですね。今日は天気も良く、気温も緩んできていますので、元気に花粉が飛び出しているのだそうですね。私も主人も無縁でおりますので、幸い重装備で身構えることはありませんが、街角で万全装備された方を見るとご同情申し上げるばかりです。

「次の樹へ吹き移り行く杉花粉」(右城暮石)

まだまだ、これからですのに、早くから失礼しました。

f:id:masasarah:20180220114514j:plain

塗り絵から切った馬二頭と、イスラム模様を重ねて切った和紙とを重ねてみました。

Nao Kodaira a remporté la médaille d'or du 500m en patinage de vitesse (36''94) dimanche. La Japonaise bat dans le même temps le record olympique et s'offre sa deuxième médaille des Jeux de Pyeongchang, après celle en argent remportée sur 1000m. La Sud-Coréenne Lee Sang-Hwa (+0.39) et la Tchèque Karolina Erbanova (+0.40) complètent le podium.