切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

沖縄voyage-四日目

f:id:masasarah:20180314223110j:plain

名残惜しくも、ターコワーズの海の石垣三泊も過ぎてしまい那覇に移動の一日となりました。

f:id:masasarah:20180314223414j:plain

那覇国際通りは、まるで渋谷の交差点さながらでした。渋谷で御贔屓にしていた「もつやき 婁熊東京」の松井さんが那覇にお店を出されていた話を聞いていたので、「もつやき松井」にて夕食としました。松井さんの優しい人柄の良さと、東京で洗練されたお洒落な店づくり、国際通りの喧騒から少し路地が入った場所もあり、とても落ち着いた良い御店でした。いよいよ沖縄voyageも最終日となります。

f:id:masasarah:20180314224338j:plain

以前、シーサーの「あうん」の一対を切り絵で依頼されて、いろいろ研究しましたが、実際に見るのは今回が初めてです。竹富島では屋根の上に魔除けとしてシーサーが乗っているのを何軒か見ましたが、こうやってお土産屋さんでは、極彩色になるのですね。この「あうん」を少しググってみましたら、口を開いたもの「阿形:あぎょう」、閉じたものを「吽形:うんぎょう」といい、寺院の仁王像と同じ、「阿吽:あうん」で宇宙のすべてを包含する意味を持っているのだそうです。

日本の五十音が「あ」で始まり、「ん」で終わるのは、宇宙のすべてがこの中に含まれているからといわれ、五十音は「阿吽」を表現しているといわれてるのだそうです。

Les shīsā (シーサー?en okinawaïen siisaa) sont des sculptures de taille limitée, à mi-chemin entre le lion et le chien, posées sur les toits des maisons traditionnelles d'Okinawa. Dérivés des lions gardiens importés de Chine au xive siècle, les shīsā sont considérés comme des protections repoussant les forces maléfiques. Ils sont souvent posés par paires. Dans certaines paires, celui de gauche a la gueule close et celui de droite, la gueule ouverte.

Le mâle est toujours placé à droite et garde les mâchoires ouvertes afin d'éloigner les mauvais esprits. La femelle, quant à elle, ferme la bouche afin que le bonheur ne se sauve pas.

À l'origine les shīsā étaient placés sur les toits des palais, des temples et d'autres bâtiments, sièges de pouvoirs impérial ou local. L’usage des shīsā comme talisman s'est répandu dans la population d'Okinawa à la fin du xixe siècle, quand l'interdiction d'utiliser les tuiles rouges pour les maisons de roturiers fut levée.

Les shīsā sont généralement en céramique ou en plâtre et ils ont souvent des détails humoristiques.