切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

南国の名残⑬

「たんぽぽや日はいつまでも大空に」(中村汀女

f:id:masasarah:20180329094033j:plain

「たんぽぽ ぽ」(阪田寛夫

たんぽぽ ぽっとさいてたよ

さんぽにでかてみつけたよ

あそこにぽ

たんぽぽ ぽっとさいてたよ

うちにかえってみつけたよ

もひとつ ぽ」

天気のことわざには『春に3日の晴れ間無し』というのがあるそうです。春は高気圧と低気圧が交互にやってくる為なのだそうですが、今年は先週の木曜以来雨が降っていないとか。高気圧が日本をすっぽり覆いつくしたままなのだそうですが、桜は「待った」がかかることなく日に日にどころか時間を追うごとに開き切っていきます。花見の席取幹事さんも今年の段取りは心穏やかでしょうか。今週末はうちの近所の川沿いもさぞやにぎわうことでしょうね。

「たんぽぽの絮(わた)吹いてをる車掌かな」(奥坂まや)

あのふんわりした絮の玉を見ると、「ふー」っと吹いてみたくなるもの。単線の駅のホームからふと見えた玉を吹く姿。春ですね。桜の御蔭のように、国会審議も野党のふがいなさが呆気なく終止符となったのでしょうか。潔く散る桜の姿になにを思うのでしょうね。

f:id:masasarah:20180329100003j:plain

両サイドをカットしてしまったので、額に収めるのに一工夫が要るようです。貝甲図と重ねてみようかと思っていますが...

Les espèces de Taraxacum se caractérisent par ce qu'on appelle couramment la fleur, qui est en fait un capituleinflorescence dans laquelle les fleurs individuelles, sont insérées les unes à côté des autres sur un réceptacle floral. On les classe dans la tribu des Liguliflores en raison de leur capitule composé uniquement de fleurs zygomorphes, ligulées (dont les extrémités forment des languettes qui simulent le pétale d'une fleur simple)6.