切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

若冲動植綵絵から②

「散るものは散りて気楽な卯月哉」(正岡子規

f:id:masasarah:20180402103058j:plain

卯月、日めくりも四月。新年度ですね。東京はもう桜も散り始めているのでしょうか。こちらの川沿いはまだ蕾が残るほどですが、昨日は近くの駐車場が満室になるなど凄い混雑ぶりだったようです。川面にはまだ一面花びらで埋め尽くされず入学式には花は残っているでしょうか。今年は何やら早い桜でした。今日からラジオの語学講座はまたアルファベットから。毎年のことながら、「Bonjour!」でしたのに、気づいたら、仮定法に大過去、接続法などと小難しい文法説明に変わっています。一つ教えたら、もう許されるかのように次のレベルへと上がっていき、最後にはネイティブ並みの達人。しかし、凡人には、一つ教わった事を頭も介さず口に出るようになるには、一日にしてはならむのもの。三日坊主の飽き性の私には反復練習は苦難ですっと、毎年の年度初めの溜息です。

「花散りて人の眠りたき卯月哉」(土芳)

春を呼ぶイカナゴくぎ煮で始まり、次は甘夏のジャム作りと、厨(くりや)に暖房が無くなる頃、姑に倣いの立ち尽くす日が増えます。梅に小さな実が突き出し、山椒の芽が吹き出し、あっという間に、店頭には筍、新生姜、ラッキョウ、梅、山椒の実の行進が油断なく追いかけて来ます。見逃そうと思うのですが、先日も無農薬の甘夏が安くで売っていて、昨夜はとことん皮刻み。刻みだすと止まりません。限りなく薄く薄く...居眠りは出来ません。

f:id:masasarah:20180402095453j:plain

「復活祭神はみえざるもののよし」(田川飛旅子)

f:id:masasarah:20180402095541j:plain

完成です。一体だれが見るわけでもないですが、厨は忙しくなります。正に、天から義母が目覚めて厨を覗いているようです。明朝はマーマレードたっぷりのトースト供えますね。

f:id:masasarah:20180402103719j:plain

 

Pâques est la fête la plus importante du christianisme1. Elle commémore la résurrection de Jésus, que le Nouveau Testament situe le surlendemain de la Passion, c'est-à-dire « le troisième jour ». La solennité, précédée par la Semaine sainte, commence le dimanche de Pâques.

La date de Pâques est fixée au premier dimanche après la première pleine lune qui suit le 21 mars, donc au plus tôt le 22 mars, si la pleine lune tombe le soir du 21, et au plus tard le 25 avril. Il ne s'agit pas de la lune observée, mais d'une lune dite ecclésiastique, méthode de calcul traditionnelle approchée. Les Églises occidentales, ayant adopté à la fois la réforme grégorienne du calendrier et une correction concomitante pour le cycle lunaire, ont souvent un jour de célébration différent de celui des Églises orthodoxes, le décalage pouvant être de 0, 1 ou 5 semaines, selon les années (exceptionnellement 4, si la lune est nouvelle à Rome, mais pas à Constantinople).