切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

押し花入りランチョンマットに向けて③

「遅れ咲くこと貫禄の八重桜」(鷹羽狩行)

f:id:masasarah:20180407111627j:plain

これは、うちの近所の公園です。川面にはソメイヨシノの花びらが浮かび、昨日の風雨でほとんと散ってしまいましたが、今日4月7日は桜祭り。模擬店も出たりして賑わうはずですが、今年は余りに開花が早く葉桜になってしまい、数本ながら後植えされた八重桜がその場を凌いでくれるのでしょうか。中々思うように運ばぬ事が多々あります。私の心の中も、ふとした事が喉元に挟まった鯛の小骨のように、いつまでも抜けずに、そうしてどんどん深く刺さっていくことがあるような気がします。何かの言葉の肥やしで抜けるといいのですが...

「襞の外すぐに曠き世八重桜」(竹中宏)

薄い花びらですが、何層にも重なりあった奥の奥では、世の中は見えないのでしょうか。新年度になり、一足飛びに社会の風に吹き荒らされ、心の中に出来た壁を何層にも覆いつくしていっている新社会人、新入生さんもおられるでしょうね。井の中の蛙を知る辛さを身に染みることでしょうが、少しずつ、少しずつ、図太くなって下さい。

「一重づつ一重つつ散れ八重桜」(正岡子規

薄皮剥がし、面の皮が厚くなるように祈っています。ただ、感性だけは捨てないでいて欲しいです。高畑勲さんの訃報が昨日伝わりました。「平成狸合戦ぽんぽこ」は映画館で息子と見に行った思い出があります。さて彼は覚えているでしょうか。「火垂るの墓」は何度見ても涙が止まりません。どんなに成長し大人の境目を超えていこうとも、研ぎ澄まされた感性を持つ大事さを教えてくれる方。ご冥福をお祈り致します。

f:id:masasarah:20180407121828j:plain

漸く三コマ仕上がりました。4月も7日経ちました。出品まで一か月切り、焦るばかりです。手は動きますが、何をするかに、暗中模索の徒労の日々です。

Isao Takahata (高畑・勲Takahata Isao?) est un réalisateur japonaisde films d'animation, né le 29 octobre 1935 à Ise et mort le  à Tokyo. Il est le cofondateur du studio Ghibli avec Hayao Miyazaki.

Sa notoriété en Occident vient principalement de son film Le Tombeau des lucioles, sorti en 1988.

【在庫作品と在庫生地紹介】

〔在庫帯と生地〕

<紫市松ー総柄>

f:id:masasarah:20180407144021j:plain

<緑ー名古屋帯

f:id:masasarah:20180407144343j:plain

<薄紫ー総柄>

f:id:masasarah:20180407144304j:plain

<紗綾型生地>

f:id:masasarah:20180407144432j:plain

〔在庫作品〕

<紫ー113cm>

f:id:masasarah:20180407145332j:plainf:id:masasarah:20180407145401j:plainf:id:masasarah:20180407145438j:plain

<水色ー長さ100cm>

f:id:masasarah:20180407144949j:plainf:id:masasarah:20180407145139j:plainf:id:masasarah:20180407145217j:plain

<黄緑ー長さ100cm>

f:id:masasarah:20180407144614j:plainf:id:masasarah:20180407144742j:plainf:id:masasarah:20180407144831j:plain