切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

母の日に向けてグリーティングカード⑤

「掘返す塊光る穀雨かな」(西山泊雲)

 

f:id:masasarah:20180421104135j:plain

昨日今日とは、晴天となり、すっかりうっかり見落としていましたが、昨日はもう穀雨。「雨が降って百穀を潤す」という意味から来ているそうですが、中々恵の雨は降りませんが、植えた種の芽出しが気になり水やりばかりしていましたら、土の上にキラキラ光る道筋が出来ています。一体どこから生まれてくるのやらナメクジ達です。

「本読むは微酔のごとく穀雨かな」(鳥居おさむ)

全国大学生生協連の調査によりますと、一日の読書時間が「ゼロ」の大学生が半数以上になったのだそうです。電車に乗ると、さもありなんかと痛感します。居眠りする人などはほとんど見かけず、9割方と言っても過言ではないのではないでしょうか、ひたすら見るのはスマホタブレットなどなどの画面。これは読書時間には該当しないのでしょうが、私など、ついつい車中では、コラムという各新聞の記事を読んだり、iBookの無料本を読んだりしますが、これも読書時間の範疇から外れますか?読書とは、紙の本だけに限るのかと思いましたら、とりあえず電子書籍は読書になるのだそうです。恐らく、スマホで読める漫画は除外でしょうから、やはり、若者の読書、文字離れは加速しているのでしょうか。

「眠るとは不覚穀雨の散髪屋」(高澤良一)

朝ドラの「半分、青い」のタイトルの意味が漸く判明しましたね。片耳がきこえなくなった主人公は雨の中で、片耳には雨音が聞こえず、母親にその思いを語るシーン。片側にはいつも青空があるという発想をする主人公のこの先ですが、昨日はびっくりです。この朝ドラでわざわざテーマソングの歌手紹介をしたのは初めての試みではないでしょうか。最初のシーンに区切りをつけるようにナレーター風吹ジュンさんが「始まりますよ。星野源」と。この曲を聴くためだけに見ている人、結構多いのでしょうね。私は、5分過ぎたら見送り、結局はBS23:30を見届けることになっています f**;

f:id:masasarah:20180421105515j:plain

さあ、今日も、神戸デュオに向けて、切ります。5月2日から三日間、お待ちしております。

Le maître est à l'élève ce que la pluie est à la graine.