切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

母の日に向けてグリーティングカード⑧

「つつじ咲うしろや闇き石灯篭」

f:id:masasarah:20180424144028j:plain

5月にもならないのに、もうサツキが満開?今年は桜も藤も早いとは聞いていましたが、などと、言っていては笑われるところでした。いつからか、などと萎らしい話ではなく、私の頭の中にはコテコテの誤植が多々こびりついています。これはヒラドツツジ。そいえば、我が家にも、震災で建て替える前の家には、玄関先の前庭には奥深くに灯篭がありその手前に薄桃色とショッキングピンクのヒラドツツジがあったのでした。そうして、座敷の庭には朱色のサツキがあったのでした。それが私の頭の中はサツキとツツジが逆転しているのに、今日、主人に違いを問い詰められて理詰めで返答出来ず、ググってみて発覚したのでした。

「子ら子ら子等が手をとるつつじかな」(良寛

最近の子供は、こんな風に、花の蜜を吸ったりして戯れたことはないのでしょうね。これが出来るのはツツジなのだそうです。

少し、ここでツツジとサツキの違いをお話しして、私の脳内も掃き清めることにします。

大きな違いは、ツツジは4月に花が咲いた後、5月に新芽が出るのに対して、サツキは五月に新芽が出る頃に蕾がつき、その後花が咲きます。

葉の大きさは、ツツジの方が大きく、裏側が粘着性があり、服についたりします。

季語は、ツツジは春。サツキは夏。

雄蕊の数がツツジは5~10本に対して、サツキは5本。

サツキは常緑樹にたいして、ツツジは広葉樹ながら、常緑樹もあるそうです。

花の色はツツジが白、ピンク、紅紫が多いのに対して、サツキは紅赤色が多い。

(但し、最近は交配が盛んでサツキもバリエーションが多く、境界が微妙になってきているのだそうです) 

ここまで極めて顕著な相違を列挙して、私の記憶の中のツツジとサツキは真逆になっていましたっと、空恐ろしくなる私の認知力。偉そうに解説をしてしまった主人に訂正と深く謝罪です。

f:id:masasarah:20180424151152j:plainf:id:masasarah:20180424151050j:plain

二色を重ねて切り、それぞれをセロファンで色付けしたのですが、白地の方が綺麗に仕上がりました。やってみないと分からないものですね。

神戸デュオ出品は、5月2日から三日間。宜しくお願いします。

 

Les rhododendrons ou azalées (Rhododendron) forment un genre de plantes appartenant à la famille des Éricacées. À l'exception des groupes tropicaux Azaleastrum et Vireya, les rhododendrons sont essentiellement rustiques. On les rencontre dans les régions montagneuses, telles que les Alpes, les Pyrénées, le Caucase, les Carpates et l'Himalaya. Beaucoup sont originaires de Chine et du Japon, et beaucoup se sont répandus en Laponie et en Sibérie. Les rhododendrons se rencontrent aussi dans les régions forestières d'Inde et de Birmanie.