切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

型染め小作品ー手提げ袋薔薇

「ふくらめる花と若葉の樟大樹」(江見悦子)

今朝はよく冷え、毛糸まで引っ張り出すしまつでしたが、昼は快晴。公園を所用で通りましたら、樟が落葉も終わり入れ替わりの若葉がまばゆく青空に光っていました。よくみると小さな花が一杯ついていました。幼き頃、裏庭に大きな樟があり、それを利用して鉄棒を父が作りました。というのも、弟が一向に逆上がりが出来

f:id:masasarah:20180511200413j:plain

ず、昔体操選手だった父としては男が大車輪も出来なくてどうすると、憤慨して作ったのでした。もちろん、女ども、姉と私も鉄棒は大の苦手。前回りで落っこちた私はいつも体育の時間は唯、鉄棒を握って立チン棒。結局自家製の鉄棒は父が一人喜々として懸垂に大車輪をしていましたが、誰に関心を寄せられることなく、朽ちたような気がします。

「樟若葉湧く雲よりひかり満つ」(宮津昭彦

その大きな樟は結局伐採されましたが、勿体ないので、文机が何脚が作られ、嫁入り道具に持たされましたが、余り使うことなく、さてあれはどうなったのでしたかしら?樟は虫が来ないと言われますから、未だにどこかのクローゼットの中で眠っているのでしょうか?断捨離はそう簡単には終わりませんが、それぞれが昔語りをしているようで...などと言っている人は生涯ガラクタ屋敷です。

f:id:masasarah:20180511183800j:plain

手芸屋さんでディスプレイしていた鞄がお洒落に見えて真似て作ってみました。持ちてを幅宏にしてあることで、安定感があります。

Décoratif par son feuillage toujours vert, il est souvent planté dans les rues comme arbre d'alignement dans les pays chauds.

L'huile essentielle extraite des feuilles des camphriers acclimatés à Madagascar est le “ravintsara”, considéré en aromathérapie comme un antiviral majeur et comme un excellent immunostimulant et antidépresseur, à ne pas confondre avec l'huile de Ravensara aromatica2.

Le bois du camphrier, dont l'odeur particulière persiste pendant plusieurs années, bénéficie de vertus insectifuges qui éloignent les mites. Pour cette raison, il fut longtemps utilisé par les malletiers pour la fabrication de malles destinées à transporter les fourrures3.