切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

似顔絵ー津吹みゆ

「濃き日ざし庭石菖を咲き殖(ふや)す」(植村占魚)

f:id:masasarah:20180519102126j:plain

何とも懐かしい花を見つけました。よく、田畑の畦道で見かけた花ですが名前を調べて見ましたら、庭石菖(にわせきしょう)というのだそうです。洒落た響きがありますが、庭に生えて、葉が石菖に似ているのに因んでいるのだそうです。

では、石菖とは?

>石菖はサトイモ科で学名は、Acorus gramineus、精油の主成分として、アザロン(asarone)・セスキテルペンを含んでいます。

生薬名は石菖根。漢方では鎮痛、鎮静、健胃(けんい)薬として胃痛、腹痛、てんかんリューマチ、瘍腫(ようしゅ)などに用いられています。

日本では、セキショウ(Acorus gramineus)は、石菖、ショウブ(Acorus calamus)は、菖蒲として流通していますが、中国の生薬では、菖蒲とはセキショウのことなので混乱を生じやすいです。

一説によると、五月の菖蒲湯は、元々石菖を用いていたという説があり、日本での野生で存在は、石菖の方が多いようです。

「抜くたびに殖えてゐるなり血止草」(富沢みどり)

f:id:masasarah:20180519114059j:plain

明日から旅行の準備に追われ追われる中、家の中の観葉植物の見納めと見に行きましたら、神戸デュオで買い求めた不思議な葉から芽🌱が出て来ました。ベンケイソウ(血止草)という多肉植物だそうです。帰宅したらどこまでウジャウジャ芽が増えているかと楽しみですが、庭の夏野菜の双葉の集団も気になるところですが、梅雨の走りに期待するしかありません。

そうでした、昨夜のホテルへの連絡は今回の旅を予想するかのように暗雲が垂れこめています。今更ながら、自分の頭の機転のなさにうなだれるばかりです。原稿通りのことしか思いつかず、念押し、確認が思うように出て来ません。あーーーー。どうかどうか、何事もハプニングが起こりませぬように。心がいつも穏やかでおれますように。ついつい、「監獄のお姫さま」のキョンキョンこと小泉今日子の「冷静に冷静に」を言い続けようと思います。

f:id:masasarah:20180519110947j:plain

神戸デュオで依頼を受けた方から「津吹みゆ」さん似顔絵です。背景に歌「哀愁の木曽路」のイメージをカラーペイントで透かし風にしてみました。ファンの方にはどのように映るやら、気になりながらも御嫁入した先の事は伺い知ることはできません。

Kalanchoe pinnata, le Kalanchoé penné1, est une espèce de plantes succulentes de la famille des Crassulaceae, se propageant par rejets et bulbilles. Originaire de Madagascar2, elle a été introduite dans de nombreuses régions tropicales où elle s'est souvent naturalisée et est devenue parfois envahissante. Elle est utilisée comme plante médicinale et est cultivée comme plante ornementale.

Elle possède de multiples synonymes, comme Bryophyllum calycinumBryophyllum pinnatum.