切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

押し花シリーズー栞①

「何忘れて都忘れ濃むらさき」(大橋敦子)

f:id:masasarah:20180601201548j:plain

「都忘れ摘みてこころひた隠す」(川口襄)

f:id:masasarah:20180601201638j:plain

正味21日から26日のうちの玄関は誰に見られることなく、置かれた日めくりカレンダーは20日のまま27日帰宅した日までめくる人なく、滞っていました。なら、色塗りはいいようなものですが、一度やり始めたら空白をつくることなく、主人は備蓄に心がけ、晴れてこの写メで人の目に触れることになります。どこか、私達には、お天道様思考というのがあるのでしょうかしらね。マチスの教会で見つけた文句。

J’ai toujours essayé de dissimilar mes efforts, j’ai toujours souhaité que mes œuvres aient la légèreté et la gaieté du printemps qui ne laisse jamais soupçonne le travail qu’il a coûté.

「庭一面の都忘れに梅雨近し」(金子八重子)

今日は久しぶりの晴れ間。昨日は季節外れの冷気でしたが今日は半袖。週末までは天気が持つそうですね。冬物を流石に仕舞わないといけないですが..留守中に取り置きしてもらっていました新聞も未消化。ずれてしまった空白のニュースを埋めています。

 

f:id:masasarah:20180601204047j:plain

今回は旅行中懇意になるような出逢いもなく、栞はそのまま持ち帰ることとなりました。また良い出逢いに備え、バッグにはいつも入れるように。

Bonne chance!!