切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

ステンドグラスに刺激を受けて:コロマン・モーザー②

入梅のやうな空あり風のあり」(稲畑廣太郎)

今日は入梅。え?梅雨入りはもう関西は先週しましたよっと言いたいところですが、この「入梅」は雑節の一つで、暦の上で決まった日。昔は、立春から数えて135日目だったそうで、気象上の言葉の梅雨明けとは区別して「出梅」という日も気象に左右されることなく決まっています。ただ、現在では太陽の黄経が80度に達した日で、芒種から数えて5日目ごろの最初の壬(みずのえ)の日を「入梅」と呼ぶようになったのだそうです。

入梅にかけがえのない晴一と日」(稲畑汀子

f:id:masasarah:20180611110632j:plain

ニース旅行のアルバムが、かけがえのない梅雨の中の晴れ間のような知人のお陰で早くも完成致しました。

f:id:masasarah:20180611110857j:plain

誰が撮ったのかのように、私達の素人写真が見事に画像処理され、私のつたない文章までが鮮明になった仕上がりで、主人共々感激しています。これで、パリ旅行、沖縄旅行と三冊になりました。年々記憶が曖昧になるばかりの二人にとって、大事な証拠品となります。実は先日も、東京で出向いた展覧会がどこだったのか、だれのだったのかが二人の会話が平行線となり、怪しい事この上もなしに。記憶の断片をつなぎ合わせても中々絞り込めず至難。珍道中もいい思い出化出来ます。貴重な才ある知人に感謝です。

f:id:masasarah:20180611111740j:plain

コロマン・モーザーが手がけた「ヤーコブ・ヨーゼフ(家具屋)のポスターから取って切って見ました。

>コロマン・モーザーは1868年、ウィーン生まれ。画家としてキャリアをスタートした後、グラフィックや家具・工芸、空間デザインなどの商業デザイン分野で活躍し、グスタフ・クリムトらが結成した「ウィーン分離派」や、「ウィーン工房」の中心メンバーであったことでも知られています。

それまでの多すぎる装飾を一掃したデザインと言われ、後のバウハウスアールデコそうして現代へと影響を与えた作家だそうです。ごちゃごちゃした私には、実にいい材料となります。

Koloman Moser, dit « Kolo » (Vienne – Vienne le ) est un peintre et designer autrichien, représentatif de l'Art nouveau de Vienne.

De 1892 à 1897, Koloman fut membre du Siebener-Club, d'où partit plus tard le mouvement de la Sécession viennoise

En 1905, il quitta la Sécession viennoise avec un groupe formé autour de Gustav Klimt. Il épousa Ditha Mautner Markhof le 1er juillet et se convertit au protestantisme, religion de sa femme. Le voyage de noces les conduisit au Salzkammergut, à Hallstatt et Sankt Gilgen.

En 1908, il participa à l'exposition organisée par le groupe formé autour de Gustav Klimt à Vienne, en 1909 à une exposition internationale à Vienne ainsi qu'à l'exposition d'art chrétien à Düsseldorf. En 1911 eut lieu la seule exposition qui lui fut entièrement consacrée, à la galerie Miethke de Vienne, et il participa aussi à une exposition internationale à Rome.

 Il se rendit à nouveau à Venise après avoir participé à la première exposition internationale de la Sécession viennoise à Rome, à une grande exposition à Düsseldorf ainsi qu'à une exposition à Mannheim. En 1916, il exposa ses œuvres lors de l'exposition d'art viennois à Berlin.

En 1916, il tomba malade et mourut en 1918 d'un cancer du larynx. Il fut enterré le 21 octobre suivant au cimetière de Hietzing. En son honneur, une rue fut baptisée de son nom en 1969 à Donaustadt. En 1989, une pièce de 500 schilling fut frappée avec son portrait. Sur la façade de son appartement, à Landstrasse, se trouve une plaque commémorative.