切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

蚤とり侍③

「沖縄忌幼子に海しかと見せ」(宮坂静生)

今日は慰霊の日。

>1945年のこの日、牛島満大将らが自決し、第二次大戦の沖縄における組織的戦闘が終結した。80日にもおよぶ地上戦で、住民を中心におよそ20万人もの犠牲者を出した。1961年、アメリカ施政下の沖縄で、日本の国民の祝日に相当する「住民の祝祭日」の一つとして定められた。1972年の沖縄復帰後は休日としての法的根拠がなくなったが、1991年に沖縄県の条例で休日と定められた。なお、沖縄戦終結の日は6月22日とする説もあり、制定当初から1965年までは6月22日が「慰霊の日」とされていた。

「沖縄忌知覧にかあさんおかあさま」(南喬穂)

「もし悔いを形にすれば鉄砲百合」(浦廸子)

失礼して、真っ白のアナベルです。合掌

f:id:masasarah:20180623195919j:plain

今日は雨降りだす前に、幸手権現堂の紫陽花を見に行って来ました。百種類一万六千株。

f:id:masasarah:20180623202356j:plain

その種類の多さの中から、少し撮り納めました。やはり、好みは青すぎない淡い青です。もう千秋楽という感じでしたので、苗ものが安売りしていましたので、「アナベル」と「ハワイアンブルー」という二種合わせて五百円で買ってみました。飛行機旅で疲れませぬように、来年は咲かせたいものです。

f:id:masasarah:20180623202747j:plain

阿部寛豊川悦司、続いては寺島しのぶのつもりです。名前を入れないとわからないというのも情けないのですが,,,

Le 21 juin se livrent les derniers combats d’importance : les généraux Ushijima et Chô se donnent la mort par éventration dans leurs quartiers généraux de la cote 89. Jusqu’en août 1945, des éléments isolés poursuivaient encore le combat contre l’armée américaine en différents points de l’île.

Le suicide individuel ou collectif à la grenade était une pratique de l’armée impériale en campagne, souvent le fait de soldats épuisés, grièvement blessés et d’aucune « utilité » militaire. Le sergent Nishiji Yasumasa, décrit une scène de mort collective dans la jungle birmane :

« Il arrivait souvent que les soldats prennent leur propres vies par paires. Ils s’étreignaient et plaçaient une grenade entre eux. Nous appelions cela un suicide double. »

Les officiers supérieurs pratiquaient généralement l’éventration au sabre (exemple sus-mentionné des généraux Ushijima et Chô) ou livraient le dernier combat avec leurs hommes.