切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

ケルト模様グリーティングカード②-2

「香り咲く月下美人を飽かず見し」(佐藤花枝)

f:id:masasarah:20180702170014j:plain

今年は少し早かったでしょうか。蕾を見つけた折は10個はあったと思うのですが、結局残ったのは5個。苗が三つあるのですが、毎年不思議に思うのが三つのそれぞれの苗の入った鉢があちこちに置かれているのですが、必ず同じ日に咲くのです。隣合わせなら、「おい今夜咲くぞ」と申し合わせているのかっと、ありえないことと知りつつも夢想したくなりますが、声(?)など届きそうになく離れた場所にあるにも拘わらず、一斉に咲きます。それだけでも、神秘感漂う花です。

「人の世と月下美人の夜を重ね」(粟津松彩子)

一階の庭に置いていますが、二階のベランダを開けていますと、香りは部屋にまで漂ってきます。そうして朝目覚めると、項垂れて哀れなお姿になっておられます。FIFA開催までは、「忖度ジャパン」などと言われていたのだそうですね。それが、監督は「神采配」ベテラン本田選手は「大明神」なのだそうです。さて世界ランキング三位のベルギー対戦。どんな命名が待っているのでしょうか。朝の月下美人は早々に片づけたいものです。

f:id:masasarah:20180701164252j:plain

En chinois, on l'appelle 昙花一现 (tān huá yĭ xiàn) qui signifie « qui dure peu de temps », car les fleurs de cette plante fleurissent à la tombée de la nuit et se fanent dès le lendemain matin. En japonais, elle porte le nom 月下美人 (gekka bijin), littéralement « la belle sous la lune ». Les Vietnamiens la nomment Hoa Quỳnh 1 mais au quotidien il existe parfois quelques confusions avec d'autres variétés d'Epiphyllum, aussi hoa quỳnh trắng désigne plutôt Epiphyllum oxypetalum alors que hoa quỳnh đỏ correspond à Epiphyllum ackermannii. De manière plus poétique, on parle aussi de Hoa Dạ Quỳnh Hương.

Elle est souvent appelée « belle de nuit » ou « fleur de lune » car elle ne s'ouvre que la nuit. Et dans les régions au climat non tropical, ce peut n'être qu'une à deux nuits par an, ce qui en fait un phénomène assez exceptionnel.