切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

団扇②-向日葵下絵

「向日葵の非のうちどころ翳りゐて」(小川双々子)

f:id:masasarah:20180703132730j:plain

通りがかった路地で見つけた見事な一本だけの向日葵。こういうのにあこがれて何度も種を蒔いたのですが、一度も日の目を見ることなく、最近は蒔かなくなりました。青空に入道雲の背景がよく映える完璧な一本。でもいつかはお辞儀をして終わります。その翳りなど見えないはずなのに、つい先案じ。さて、今朝のラジオから何度も流れた早朝のワールドカップFIFAベルギー戦の試合結果。4時過ぎの瞬間視聴率が関東は40%以上あったとか。早起きなのではなく、真夜中二時から手に汗握る観戦をされていたのでしょうか。それにしても、先制点を入れたときは、きっと誰も、翳りは描かず無邪気に跳ね上がるように歓喜されたのでしょうね...ラジオニュースも、声を揃えるかのように、「最初から先制点を入れられリードされていたら、あっさりとあきらめも付くのに」という行間漂う痛恨ぶりでしたね。残念ながら、これで静かになります。

「ひまわりの仰ぎて背筋のばしけり」(吉田静代)

 さあ、いつまでもグジュグジュ言わす、前に進みましょう!

f:id:masasarah:20180703132659j:plain

丸刀の切れ味よくなり、さっそく使ってみました。

En s'imposant face au Japon à Rostov-sur-le-Don dans le cadre de les huitièmes de finale, la Belgique s'est qualifiée pour la suite de la compétition grâce à des buts de Jan Vertonghen, de Marouane Fellaini et de Nacer Chadli, contre des réalisations de Genki Haraguchi et de Takashi Inui. Nacer Chadli a fait basculer le match en faveur de la Belgique à la 90e minute, servi par Meunier (3-2).