切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

目移りーホオズキ白地

「国籍を土用鰻の問はれけり」(石堂絹子)

今朝の新聞の折り込みチラシを見逃さなければ、夕餉に並ぶのは必ずや鰻となるのでしょうか。スーパーはもう一色になっていますが、現実を直視出来ているのは誰なのでしょう。儲かれば何ぼが現実なのでしょうね。稚魚の乱獲は後を絶たず、データを集めようにも、密漁や無報告がまかり通り、絶滅への道は途絶えることがないのでしょうねっと、嘆きつつも、今日のうちは大きさに軍配をあげて出自は中国。

「うつくしや雲一つなき土用空」(小林一茶

今日は「土用」の入り。本当は、土用は春夏秋冬にあり、その季節の終わりの18日間を言うのだそうですが、夏の土用が暑さのピークとなり、季節感が際立つので、土用といえば、夏の土用を指すのが通例になっているのだそうです。因みに、今日から18日間が元来の「暑中」なのだそうですね。律儀にこの期間にしか暑中見舞いを出さない人がいるそうですが、恥ずかしくも思い込み激しい私は、「梅雨明け」からかと、早速に先週

メールの枕に使ってしまっています。

「椀ごしの熱さよ土用蜆汁」(鷹羽狩行)

土用に蜆というのも、スーパー様様の情報から知りました。スーパーで蜆のパックを撮りましたら、「今が旬」と書いてあり、コチコチに固まった私の脳には???が並ぶばかり。「貝は冬のもの。夏は危ない」などと思い込んでいましたら、蜆には「寒蜆」と

「土用蜆」と呼ばれ、旬が二度あるのだそうですね。ついつい、蜆も夕餉に添えることに。もちろん、義母の供物にと、土用餅も買い、完全スーパーの商機の餌食です。

「土用二の丑鰻の生地誰が知る」(鎌田篤)

今年は二の丑があり、鰻も哀れ。土用の丑の日になるのは、7月19日 - 8月7日ですから、二の丑は8月1日になるのだそうです。夏バテ防止ながら、代用品でもと、おおらかな対応に、鰻のためにもなりたいものですね。

f:id:masasarah:20180720172943j:plain

白地が涼しげになるかとも思い、決められず、黒地と二枚重ねて切ることにしました。厚みが負担となり、切り口がすっきりクリアになっていないです。深く反省っと何度もやっています失態です。

L’anguille du Japon (Anguilla japonica), un mets fin traditionnel japonais et le poisson de consommation le plus cher du pays, a été classée « En danger » en raison de la perte de son habitat, de la surpêche, mais aussi des obstacles à la migration, de la pollution et des modifications des courants océaniques. L’Asie de l’Est est la plaque tournante de l’élevage, de la commercialisation et de la consommation de cette espèce. Son déclin s’est traduit par l’augmentation de la commercialisation d’autres espèces d’anguilles, notamment de l’anguille à nageoire courte (A. bicolore).