切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

アニメキャラー黒子のバスケ

「八月が来ると昭和が蘇る」(吉田哲弥)

テレビの番組案内に「戦争」という文字が目立つ月。灼熱の暑さが当時の情景を実体験するようで、しばし冷房を止めて合掌。

「カレンダー重き月あり原爆忌」(櫂美知子)

今朝の朝日新聞声欄の1945年8月6日8時15分を覚えておられる方二人の投稿者は90歳。私達がモノクロの映像でしか見ることのできない「一瞬にして消えた広島」のドキュメントはこれまで多様にメロドラマ化され、その悲哀のロマンに酔いしれるだけの八月になっているのが大半を占める時代となりました。73年の年月は長いようですが、決して消えない、消せない現実であり続けないといけませんが, 私の知り合いの80歳代の方の強い語調の声が、テレビの戦争ドラマを見る私に、釘をさしてくれるようです。

「映画『この世界の片隅に』が評価されるなんてね、こんなので、言ったような気になっては困ります」と。

「備えてはならぬと聞こゆ原爆忌」(櫂美知子)

今朝は、不謹慎ながらオールナイトニッポンを朝っぱらから晴れて聴けています。それもすべては昨夜の「村上Radio~Run &Songs」放送を見逃したくなく、急遽radikoに登録をしたお陰です。月¥350の出費に一抹の迷いもありましたが、これにて、FM東京ニッポン放送もいつでも聴くことが可能となり、最近ほとんど利用不能になっていたユーチューブに頼らずとも、星野源オールナイトニッポンがいつでも聴けることとなりました。ラッキーにも、先週放送された年に一度の企画「弾き語りライブinいつものラジオブース!」を聴いています\(* *)/  御多分に漏れず、村上氏のラジオDJを楽しみにされていた方は多いようで、今朝のラジオニュースでもこの番組を集って拝聴する春樹ストが話題になっていました。何とも平和な時代。のはずですが、どこからか変な靴音はしてこないでしょうか。

f:id:masasarah:20180806125528j:plain

村上氏によれば、物書きも足腰がしっかりしていないと、いいものは書けないそうで、上半身だけ動かして机上で悩んでいるだけでは駄目。フルマラソンを年必ず一回参加されるだけあり、説得力は十分ありますが、凡人には、才ある方の発言としか響きません。「天は才あるものには二物も三物も与え、愚人には慈悲もなし」

Dans un recoin de ce monde (この世界の片隅にKono sekai no katasumi ni) est un film japonais réalisé par Sunao Katabuchi, sorti en 2016.

C'est l'adaptation du manga du même nom de Fumiyo Kōno. Le film se déroule dans les années 1930-1940 à Hiroshima et à Kure au Japon, environ 10 ans avant et après la bombe atomique, mais principalement en 1944-1945. Dans le film, la nature et la culture traditionnelle du Japon sont clairement décrites et contrastées, avec des scènes cruelles et irréparables liées à la guerre.

Bien qu'il s'agisse d'une fiction, les épisodes et le fond de l'histoire suivent les faits et les incidents réels, documentés par le personnel de production. Dans le film, le paysage perdu de l'Hiroshima d'avant-guerre, endommagé par le bombardement atomique à Hiroshima, est rendu avec précision dans les scènes1, en suivant les vieilles photos, les documents et les souvenirs des personnes vivantes.