切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

頼まれてencore―姫路城②

立冬という実感なき陽気かな」(稲畑汀子

何とも、温かい日が続き、私の手には嬉しい限りなのですが、紅葉が足止めされているようで、秋が年々削られていくような気がしてなりません。

f:id:masasarah:20181107150918j:plain

近所のあちこちの店屋さんに、ジャージ姿の可愛い売り子がうろうろしています。こんな活動も結構長く続いているものだなあっと、少し調べて見ましたら全国一斉に行われているわけではないのですね。以下wiki から抜粋です。

 トライやる・ウィークは、兵庫県が、1995年阪神・淡路大震災1997年神戸連続児童殺傷事件を機に中学生に働く場を見せて学習させようとする趣旨から、県内の中学2年生を対象として1998年度から実施されている職場体験、福祉体験、勤労生産活動など、地域での様々な体験活動である。略称は、トライやる。一部、私立・国立中学校においては、期間が短縮されているか、実施されていないことがある。 一週間、中学2年生が職場体験などを通して地域について学び「生きる力」を育むことを目的としている。また、教員にも生徒よりも期間が短い「先生のトライやる」と称する職場研修が課せられている。高校においても、同様の行事がさまざまな名称で行われることがある。

 

20年になるのですね。受け入れ側の店屋さんの苦労を思うと、年々受け入れ態勢は減少傾向ではないのでしょうかしら?「育てる」は「おだてる」と言われますが、寛大な配慮ご苦労様です。秋から始まったドラマ「中学聖日記」を見るともなく見ていますが、15歳という年齢も成長には多様なのでしょうが、未成年という枠に甘んじた大人の責務を実感しないといけないのかもしれません。また、中学生もこの貴重な機会で、視野が広がることを祈るばかりです。フレーフレー中学生!!

f:id:masasarah:20181107152644j:plain

建築物を余り題材には選んでいなかったのですが、直線切りはやり出すと、とことん細かくやりたくなります。緻密さに欠けるのでしょうね、やはり突き詰めてやりたいのは、曲線切りです。限りなくきれいなアールにこだわりたいのですが...

Quand en octobre le prunellier fleurit, on doit s'attendre à voir l'hiver sévir.