切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

ノリタケカレンダー六月

「合わせ手の小さくずれて七五三」(今瀬一博)

今日11月15日は七五三。なぜ、今日11月15日になったのでしょう?

7+5+3=15という説もないわけではないようですがとりあえず以下解説です。

>それは体の弱かった、将軍徳川家光の子供、徳松(後の将軍、綱吉)の健康のお祈りをしたのが11月15日。そのお祈りの後、徳松がすくすくと成長したことにあやかって七五三の式日として広まったと伝えられています。

また、旧暦の15日はかつては二十八宿鬼宿日(鬼が出歩かない日)に当たり、何事をするにも吉であるとされ、旧暦の11月は収穫を終えてその実りを神に感謝する月であり、その月の満月の日である15日に、氏神への収穫の感謝を兼ねたという話や、七五三をすべてたした数が15になるこたからとも言われており、15日にまつわるエピソードは多いようです。しかし、現代では11月15日にこだわらず、ご家族やお子様の都合に合わせてお祝をする事が多くなってきています。

「偲ぶ日もなつかしむ日も七五三」(稲畑汀子

f:id:masasarah:20181115174256j:plain

近くの神社に登っていかれる親子連れのキラキラした声が朝方していて気づきました。天気に恵まれ、晴れ着も安泰ですね。

「この子やに未来はありや七五三」(清水昶

先ほどラジオから聞こえてきました。稀勢の里休場、横綱不在の九州場所となりましたが、三大関も負けとなる今夕。若手台頭と、思いたいですが、もうひと踏ん張りもふた踏ん張りも望むのは酷でしょうか。厳しい国技です。

「子供らの名を呼びたがふ七五三」(福田甲子雄)

祖母には娘が三人、孫が8人いましたが、どうした訳か、私の名前がいつも三女の娘の名前と違えるのでした。母によれば、「妹に一番あなたが似ているのよ」と。主人によれば、その祖母に一番似ているのが私なのだと。そういわれてみますと、祖母の部屋の片づけをした時に出てきた一冊の手帳が気になりだしました。銀行が年の暮れに配って下さる手帳。毎年書いていたのかどうかはわからないのですが、びっしり書き留めた文章、また読み返してみようかと思いつつ。祖母の年齢にはまだまだ追いつきませんが、その差が縮まる度に、通じ合うことも増えるのかもしれませんが、後の祭りとは。何とか、相撲界にも次世代へと、繋げるためにも、奮闘願うばかりです。

f:id:masasarah:20181115171401j:plain

On dit que Shichi-go-san trouve son origine à la période Heian parmi les nobles de la cour qui célébraient le passage de leurs enfants dans l'enfance moyenne. Les âges de trois, cinq et sept ont un lien avec la numérologie japonaise. En effet, selon la numérologie japonaise, les chiffres impairs portent bonheur. La coutume de célébrer cette fête au quinzième du mois date de la période Kamakura1.

Avec le temps, cette tradition a été adoptée par la classe des samouraïs qui y ont ajouté quelques rites. À l'âge de trois ans la coutume exigeait de raser la tête en ne laissant que le haut du crane. Les garçons de cinq ans pouvaient porter le hakama pour la première fois, alors que les filles de sept ans remplaçaient les cordes simples qu'elles avaient l'habitude d'utiliser pour attacher leur kimono avec la ceinture traditionnelle. À la période Meiji, la pratique a été adoptée par le peuple, depuis un nouveau rite a été ajouté : celui de se rendre avec ses enfants dans un sanctuaire shinto ou dans un temple bouddhiste, et prier pour qu'ils grandissent en bonne santé2.