切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

ノリタケカレンダー八月

プラタナスの葉は散り果てぬ靴磨き

  冬さるる畑に乾ける靴の泥」(萩原朔太郎『遺稿』より)

コンバインにトラクターの入った倉庫の隅には、冬になると、父の長靴がセメンで固めたように泥が干からびていました。それをこそっと、石膏のデスマスクを作るように、剥がすのです。冬の一コマ。

「天高し磨き上げたる靴の先」(塩田命水)

f:id:masasarah:20181117065113j:plain

珠にNHKの「ドキュメント72時間」という番組を見る機会があります。先日は「さらば築地市場」をやっていましたが、昨日有楽町の交通会館を訪れたら、いつでしたかこの番組で取り上げてられた「路上の靴磨き」さんに出くわしました。千葉尊さんの「千葉スペシャル」の現場です。出で立ちは、蝶ネクタイにハンチングスタイル。昨夕は十数人が並んでおられたでしょうか。女性もおられました。1100円とありましたが、きっと皆さんそれなりのお値段の靴を履かれているのでしょうね。ふと、吾が足元を振り返って、隠しようのない型崩れまでおこした靴先に、住む世界のギャップ痛感です。

f:id:masasarah:20181117070047j:plain

“Si vous êtes bien coiffées et que vous portez les bonnes chaussures, vous pouvez gérer n’importe quelle situation.”