切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

何でもオーダー受けてますー夕焼け②

f:id:masasarah:20190816113800j:plain

8月前半も終わり。そろそろ暑さもピークが過ぎるかなどと思うのはまだまだ甘いのでしょうが、台風の余波でしょうか、少し風が涼し気に感じています。今回の塗り絵は、細かい柄が多い中、ほとんど塗り残しなく渾身の力を感じます。💮はどれも優れていて選抜が難しいですが、象さんにします。暑い中ご苦労様でした。

「余生などなかりし妻や送り盆」(斎藤孝正)」

f:id:masasarah:20190816151955j:plain

先日スーパーで盆迎えの品々の棚にアラメを見つけました。盆にはやはり「アラメのたいたん」を供えるのですね。昔実家では、8の付く日にはアラメ煮があり、祖母が湯がき汁を門口にまいていたような気がしたのですが、記憶が薄らぎ、ググって見ました。

「*おしょらいさん」があの世へかえられる8月16日の朝、お盆にお供えする最後のお膳には、あらめとお揚げ(油揚げ)か、揚げ豆腐をたいたものを供えるというきまりがあり、この時のゆで汁を捨てずに、家の門口にまくと、「おしょらいさん」はこの世に未練を残すことなく、冥途へかえっていかれるというのだそうです。これが「追い出しあらめ」と呼ばれている理由だそうです。また、京都の商家などで「あらめとお揚げのたいたん」は毎月三度の「八」が付く日に食べるおばんざいで、これはあらめのゆで汁を走り(流し)の下にまけば病気にならない、という言い伝えと、めでたい末広がりの「八」のつく日に、商いの「芽」が出るようにという願いを、掛け合わせたからといわれています。

そんなことがあったのですね。私には、8の日の度に「またかあー」っとハンバーグやコロッケとは無縁に近いうちの夕餉を恨んだものでしたが、今になるとついつい作ってしまっています。

*おしょらいさん:この言葉も地方色があるのでしょうか。

御招霊(おしょうれい、おしょうらい)は、日本の盂蘭盆の年中行事の一つでお盆に先祖の霊があの世から帰ってくるとされるものを迎える、または招く迎え火の一つ。ごしょうらいはごしょうれいと詠んだり、お招霊とも書かれるのだそうです。

さて、「ドイツ語初歩の初歩」今日は否定の言い方のルールです。

Not=nicht

Ich verstehe Sie nicht.  (I don’t understand you.)

Sie wohnt nicht in Deutschland.  (She doesn’t live in Germany.)

名詞を否定して否定文を作る場合、定冠詞付きの名詞には否定詞nicht を使います。

Ich kenne den Professor nicht.  (I don’t know the professer)

不定冠詞付きや無冠詞の名詞には否定冠詞kein を使います。

Ich habe heute keine Zeit.  (I don’t have time today)  heute=today

Ich trinke keinen Kaffee.  (I don’t drink coffee.)  trinken=drink

Ich esse es nicht. (I don’t eat it.) essen=eat

Doch, aber ich esse kein Fleisch.  (Well, but I don’t eat meat.) aber=but

Ich mag keine Tiere. (I don’t like animal.)  mögen=like

Ich spreche nicht gut Französisch.  (I don’t speak French well.)

Das ist kein Vogel.  (This is not a bird.)

Hier ist kein Platz.  (Here is no place.)

Hier fliegt kein Vogel.  (Any bird doesn’t fly here.)

Leider fahren hier keine Busse. 

 *leid: 心の痛み 悲しみ 悩み  leider:(副詞)残念ながら

 Geteiltes Leid ist halbes Leid. (苦しみも分かりあえば半分)

(geteilt:teilen の過去分詞:

 動詞の過去分詞は語幹をge – enではさんで過去分詞となる)

f:id:masasarah:20190816165450j:plain

背景の線を切り落とし、透かし和紙で色付けしてみました。

L'Aramé, ou Arame (荒布) Ecklonia bicyclis, est une espèce d'algues brunes de la famille des Lessoniaceae.

Cette algue présente de grandes frondes ciselées qui mesurent 30 cm de long et 4 cm de large. Elle est plus épaisse que les autres algues.

On la récolte principalement près de la péninsule d'Ise, sur les rives orientales des îles du Japon. Elle pousse sur les rochers sous le niveau de la mer.