切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

何でもオーダー受けてますーハス畑の風景①

「塀際へつめかけて咲く木槿かな」(荻人)

f:id:masasarah:20190817152139j:plain

「底紅や人類老いて傘の下」

『和漢三才図絵』に「すべて木槿花は朝開きて、日中もまた萎(しぼ)まず、暮に及んで凋(しぼ)み落ち、翌日は再び開かず。まことにこれ槿花一日の栄なり」とあり、昔から底紅(木槿)ははかないものの例えとされてきたのだそうです。冷雨に底紅。参列した人たちはみな「傘」をさしているなか、作者は自分も含めて、そこにいた人たちを「人類」とまとめ、すなわち人間の命のはかなさの前では、人それぞれの性や顔かたちの違いや個性や思想のそれなどにはほとんど意味が無く、生きて集まってきた人たちは「人類」と一括りに感じられ、その「人類」が故人の生きた日よりもさらに「老いて」「傘の下」に、いまこうして黙々と立っているのが、虚無というのではなく、それを突き抜けてくるような自然の摂理に従わざるを得ない人間存在を実感させられる句だと、清水哲男さんの解釈です。思わずも、襟を掻き合わせたくなりますでしょうか。

朝日連載の「ひこばえ」から

長年、誰からも頼りにされず、願い事を託されず、だから当然、誰からも「ありがとう」と言われることのない日々を送ってきた後藤さんが、偶々言い渡されたガーデンチェアやテーブルを洗うという作業を、それまでゴミ屋敷で暮らしていた人ともは思えないほどに、それは丁寧に綺麗に洗浄をされたのだそうです。そこで依頼された方の言葉です。「やり甲斐とか生き甲斐っていうのは、誰かに「ありがとう」と言われることなのかもしれないよな」っと。介護施設では「なにもしなくてもいいですよ」と言うのが最大の謳い文句ですが、本当のことろは「なにもしなくていい」とは「誰からも感謝されない」と同じ意味なのではっと。耳が痛くなる言葉です。

 

さて今日のドイツ語初歩の初歩は疑問文の作り方です。これは意外に英語より簡単です

動詞を文頭に置き、つぎに主語を続けて、文末に?を付けます。

Sie haben heute Zeit. (heute=today  Zeit=time)

(You have time today)

Haben Sie teute Zeit? 

(Do you have time today?)

丁寧に要望を伝える助動詞を使ってみよう!!

Könnten Sie bitte langsam sprechen?

(bitte=please  langsam=slowly  sprechen=speak)

Could you speak slowly please?)

Was möchten Sie? 

(What would you like ?)

Darf ich das anprobieren?  (an-probieren 試着する probieren 試飲、試食する)

(May I try on it?)

Darf ich Sie etwas fragen?  (etwas=something fragen=ask)

(May I ask you anythins?)

Dürfen wir hier essen und trinken?

(May we eat and drink here?)

Darf man hier das Handy benutzen?  (benutzen=use 類義語 verwenden)

(May they use the portable phone here?)

Müssen wir einen Tisch reservieren? 

(Must we book a seat?)

Muss ich eine Krawatte tragen? (tragen:put on  Krawatte=tie)

(Must I put on a tie?)

疑問詞を伴う疑問詞視のある    

Was is das? (What’s it?)

Was bedeutet das? (bedeuten=mean bedeutend=important Bedeutung=importance)

(what does it mean?)

  (cf) von Bedeutung sein:as an importance  Sein und Zeit 存在と時間

Was kostet das? (kosten=cost)

(How much does it cost?)

Wann kommt der Zug? (kommen=come  Zug=train)

(when does the train come?)

Wo bin ich hier(Where am I here?)

Wo ist die Toilette? (Where is the toilet(bathroom)?)

Wie comme ich zur?(How do I come to the subway?)

Wie spat ist es jetzt? (What time is it now?)

Es gibt の構文は明日にします

 

今日のドイツ語初歩の初歩は、疑問文の作り方。

f:id:masasarah:20190817152146j:plain

Hibiscus syriacus est une espèce d'arbustes du genre Hibiscus et de la famille des Malvacées, originaire des régions tempérées d'Extrême-Orient, très largement cultivée comme plante ornementale dans les jardins.

Les genres Hibiscus et Althaea sont très proches, d'où la confusion fréquente et le nom vernaculaire Althéa souvent donné à cette espèce. Il est aussi appelé Hibiscus commun des jardins, Guimauve en arbre, Mauve en arbre, Ketmie des jardins, Mugunghwa en Corée (ou Rose of Althea ou Rose of Sharon en anglais).